So-net無料ブログ作成
本つれづれ ブログトップ
前の10件 | -

百人一首 ちはやふる [本つれづれ]

ちはやふる (1) (Be・Loveコミックス)

ちはやふる (1) (Be・Loveコミックス)

  • 作者: 末次 由紀
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2008/05/13
  • メディア: コミック

 

 

 

かなり前から評判の漫画。
最近、我が家にきてくれる大学生から「おすすめです」と言われて、読んでみた。

面白い。
読みながら、大会の場面では思わず息を止めて読んでしまい、ぜぇぜぇしてしまうほど。

我が家の中学生が、学校の宿題で百人一首を覚えるというのが出て、「なかなか覚えないみたいでね~」と言ったら、大学生が「それなら、これです!!」って教えてくれた。
なので、大人も子供も読んだんです。

そして、単純ですが「ちはやふる~」の句を覚えたわけですよ。うちの子は。
冬休み終了後、学校であった百人一首大会において、一番人気札が「千早ふる~」

なんてわかりやすい( ̄ー ̄)

 まあ、うちの子もその一人なんですけどね!!大人気過ぎちゃって、取れないんですって!!
うちの子が覚えた札、有名なやつばっかりなので「みんなが狙う」ってぼやいてました。

覚える時に「それ、有名だから取るの難しいよ」って言ったの完全に無視して覚えてたものね!!母、予想通り!!


漫画を読んで「専任読手が読む百人一首は違うんだね~~、聞いてみたいな~」って言われました。
君が覚えるようにと買った本についていたCD、あれがそうだけど?

「やばい、即寝れる」

っていっていたやつが、そうですけど。
と教えたら、


「知ってから聞くと、趣があって良いね!!」
って言ってた。

あ~、そういうのあるよね。めちゃ、わかるわ。
ってことで、息子のipodには百人一首が入ってます。


ちはやふる、お勧めです。
千早ふる~、は絶対に覚えます。確実に。

百人一首ってスポーツなんだなって読みながら思います。
我が家に百人一首ブーム到来。百人一首購入予定。

 

 


男子ごはん [本つれづれ]

 

s31.jpg

旦那大好き、男子ごはん。日曜日に放送中の番組ですが、お昼前にはこれをみて「うまそう~~!!食べたい~!」と必ず言う旦那。そして気が向けば、男子ごはんで紹介したメニューを作ってくれることもあります。
なので私も 男子ごはん 大好きです(≧∀≦*) 男子ごはんさまさま!!!

私も男子ごはんで紹介していたメニューを作って、子供たちに大好評メニューがあります。(我が家の子供たち、男子ごはんファンです。半ズボン~~とか言ってます)

s30.jpg
↑こちらのからあげ、子供たち大絶賛。美味しいし、覚えちゃうと楽なのでとってもありがたい!!
料理本ですが、番組の中のケンタロウさんとタイチくんの会話も読んでてとってもおもしろいです。
時間帯が時間帯なので私は家族の中で一番、見逃しているので会話集読めるのとっても楽しい。

 


魔王 [本つれづれ]

魔王 (講談社文庫)

魔王 (講談社文庫)

  • 作者: 伊坂 幸太郎
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2008/09/12
  • メディア: 文庫
 
 
 
 
 
 内容(「BOOK」データベースより)
会社員の安藤は弟の潤也と二人で暮らしていた。自分が念じれば、それを相手が必ず口に出すことに偶然気がついた安藤は、その能力を携えて、一人の男に近づ いていった。五年後の潤也の姿を描いた「呼吸」とともに綴られる、何気ない日常生活に流されることの危うさ。新たなる小説の可能性を追求した物語。
 

結構厚めの文庫本でしたが、読み終わってみたら「あれ? もう終わり??」と思いました。
明確な結末がない話でした。
 

ぽちっとな! 続きだよ


3月のライオン2 [本つれづれ]

3月のライオン 2 (2) (ジェッツコミックス)

3月のライオン 2 (2) (ジェッツコミックス)

  • 作者: 羽海野 チカ
  • 出版社/メーカー: 白泉社
  • 発売日: 2008/11/28
  • メディア: コミック
 
羽海野 チカさんの絵が大好きだ。
この本を読むと旦那は「なんでこんなにもほのぼのした絵柄で、こんなにも重い話書いてるんだろう」って良く言います。
内容は確かに重い。
でも読み進めたくなる本です。
 
私はこの人の絵がとにかく好き!!ってのもあるかも。
 

ぽちっとな! 続きだよ


眠れぬ真珠 [本つれづれ]

眠れぬ真珠

眠れぬ真珠

  • 作者: 石田 衣良
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2006/04/27
  • メディア: 単行本
 
 
 
 
 
昨日買ってきて、昨日読み終わった本。
ちなみに文庫本の方ですが。
 
 
45歳の女性と28歳の男性の恋愛があり、性描写もありという大人な恋愛小説かな。
 

ぽちっとな! 続きだよ


チルドレン [本つれづれ]



チルドレン (講談社文庫 (い111-1))

チルドレン (講談社文庫 (い111-1))

  • 作者: 伊坂 幸太郎
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2007/05/15
  • メディア: 文庫




出版社/著者からの内容紹介 こういう奇跡もあるんじゃないか? まっとうさの「力」は、まだ有効かもしれない。信じること、優しいこと、怒ること。それが報いられた瞬間の輝き。ばかばかしくて恰好よい、ファニーな「五つの奇跡」の物語。 吉川英治文学新人賞作家、会心の受賞第1作! 短編集のふりをした長編小説です。帯のどこかに“短編集”とあっても信じないでください。 伊坂幸太郎



確かに、短編集なんだけど、長編小説で笑いました。


ぽちっとな! 続きだよ


てのひらの迷路 [本つれづれ]


てのひらの迷路

てのひらの迷路

  • 作者: 石田 衣良
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2005/11/15
  • メディア: 単行本
出版社 / 著者からの内容紹介 石田衣良が贈る、美しくちいさな24の物語。 恋愛、小説、そして母との別れ……。石田衣良が二年をかけて大切に書きつづった掌編小説集。物語を味わいながら人気作家の素顔を垣間みる特別な一冊。 石田さんの短編集。

ぽちっとな! 続きだよ


とっても不幸な幸運 [本つれづれ]

とっても不幸な幸運

とっても不幸な幸運

  • 作者: 畠中 恵
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2005/03
  • メディア: 単行本
しゃばけの作者さんの、現代読み物。どういうのかなと思ったら、面白い物が出てきて、笑ってしまいました。
この作者さんの書いたものは、重さをあまり感じさせず程よいテンポでとても読みやすいなと思うのですが(私は重すぎる本はめったに読まないので)
この本は途中で、「うーん、ちょっと飽きる展開だな」という感じがありました。でも、そのあとの二話はとても面白く、途中の展開はあえてそうなっているのかも? とも思いました。
登場人物にスポットがあたるような話なので、個性的な人々は楽しくもあり、切なくもあり、それでもって面白かったです。
 
とっても不幸な幸運 と書いてある缶があったら、貴方は開けますか?
私はたぶん開けません(笑)
小心者なのですよ。
 

しゃばけ [本つれづれ]

しゃばけ (新潮文庫)

しゃばけ (新潮文庫)

  • 作者: 畠中 恵
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2004/03
  • メディア: 文庫
テレビでドラマを見たのがきっかけで、原作を読んでみようと手に取りました。
ドラマでかなり気に入ったので、最初から他の本も一緒に。
妖怪が出てくるけれど、まったく怖くない。むしろ、愛嬌ある妖怪たちがいっぱいで、妖怪ってこういうのも結構いるんだなーと思いながら読んでました。ゲゲゲの鬼太郎ほどの正義感はまったくないが、気に行ったものに対してはなんともわかりやすい愛情表現が可愛いったらありゃしない。
 
ねこのばば (新潮文庫)

ねこのばば (新潮文庫)

  • 作者: 畠中 恵
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2006/11
  • メディア: 文庫

 

ぬしさまへ (新潮文庫)

ぬしさまへ (新潮文庫)

  • 作者: 畠中 恵
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2005/11/26
  • メディア: 文庫

 

おまけのこ (新潮文庫 は 37-4)

おまけのこ (新潮文庫 は 37-4)

  • 作者: 畠中 恵
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2007/11
  • メディア: 文庫

鳴家の話が好きです。いろんな妖怪にスポットがあたるのもこの本の良いところ!
しゃばけ以外は短編集なので、さらさらっと読めます。
重さがなくて、程よい軽さを読みたい時にお勧めします。


 


人間失格 [本つれづれ]

人間失格 (新潮文庫 (た-2-5))

人間失格 (新潮文庫 (た-2-5))

  • 作者: 太宰 治
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1952/10
  • メディア: 文庫
 
親戚が遊びに来てます。
やることなくて暇だって言う、娘っこに本を貸しました。
「おばさーん、これ読んだ」
「お、はやいな」
「おもしろかった。やばいよ、これ」
「やばい言うな」
「はーい」
でも最初は、絶対つまらないって言っていたのに素直に面白かったと言える彼女の素直なところ好きです。ええ子や。

前の10件 | - 本つれづれ ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。